映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ギルバート・グレイプ | main | キリング・ミー・ソフトリー >>
誘う女
評価:
ニコール・キッドマン,マット・ディロン,ガス・ヴァン・サント
今となっては異色な作品?
よくある話だけど
ニコール・キッドマンが新たな一面を見せた作品
TVに出て有名になるという野望に向かって突き進み、ついには夫を亡き者にした悪女の姿を通して、マス・メディアの危険なパワーを痛烈に諷刺したブラック・コメディ風のサスペンス。
1990年5月に起こった、22歳の女性教師が15歳の少年をそそのかして夫を殺害させた事件に材を取った、女性作家ジョイス・メナードの長編小説『誘惑』の映画化。

ニコールは、おバカなお天気キャスターを演じています。
AVのような邦題ですが、そうじゃないですからねS
バービー人形のようなルックスに、趣味の悪いスーツが妙にはまってるのね。
上昇志向は高いけれど、何かが追いついてない感じが滑稽。
まだ若いホアキン・フェニックスが、ニコールに誘惑されて、マット・ディロン演じる夫を殺す不良男子高校生を演じています。
Posted by : 亜都 | さ行 | 13:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:32 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/99
TOP