映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 悪魔を憐れむ歌 | main | ミニミニ大作戦 >>
ツイステッド
評価:
アシュレイ・ジャド,サミュエル・L.ジャクソン,アンディ・ガルシア,フィリップ・カウフマン,サラ・ソープ
んーーー!!
目を閉じている間に
ガッカリ 残念
憧れの殺人課捜査官に昇格したサンフランシスコ市警の女性刑事。
だが、彼女と一夜を共にした男たちが次々と死体になって発見され、追い詰められた彼女は自分自身をも疑い始める。

彼女の主演作を初めて観たのは『恋する遺伝子』、
そのの影響かアシュレイ・ジャッドは、健康的な美しさが素敵な女優だとイメージしてる。
今回の役どころは、バーで男を誘惑し一夜限りの関係を繰り返す女性捜査官。
ストレス発散に酒をあおり、感情に支配され暴力を振るうこともある。
どこか影を持った男っぽく活動的な主人公を演じているが、特に違和感はなかった。
でも、どちらかと言うと、アシュレイ・ジャッドは、
『五線譜のラブレター DE-LOVELY』で演じる作曲家コール・ポーターの妻のように、
女性らしく知性全開の役の方が個人的には好き。

主人公は、ファザコンでアル中の色情狂という設定だが、ストーリー的には、よくあるサスペンス。
違いは、品行方正ではないことだろうが、新鮮さというのとは違うし、はっきり言って面白くない。
Posted by : 亜都 | た行 | 12:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:21 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/87
TOP