映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< カル | main | ツイステッド >>
悪魔を憐れむ歌
評価:
デンゼル・ワシントン,ジョン・グッドマン,ドナルド・サザーランド,エンベス・デイビッツ,ジェイムズ・ガンドルフィーニ,グレゴリー・ホブリット
デンゼルVS悪魔
デンゼル・ワシントンの演技力
派手なシーンはないですけど(^_^;)
連続殺人犯リースを処刑室に送りこんだ刑事ホブズ。
だが死刑執行の直前、リースは「俺は自由になって戻ってくる」と言い残して絶命。
そして、その言葉を裏付けるかのように、リースの犯行を真似た殺人事件が次々に起きていく。
しかも渦中にあるホブズ自身が容疑者にされつつあったのだ。
だが、やがてホブズはこの一連の事件が、信じ難いことに悪魔―何者かの霊―のものであることを知る。
敵は次々と色々な人間に乗り移りながら、確実にホブズに迫っていた…。

劇中で悪魔が口ずさむのは、ローリング・ストーンズの“Time is on my side”。

大学1年の時、大学の友人達と虎ノ門にて試写会で鑑賞。
乱雑で暗く曇ったような映像、悪魔チックな映像効果ってヤツ?
デンゼル・ワシントンが主演だというので、ちょっと期待して行ったけど、個人的には退屈に感じた。
一緒に観た友人は怖がっていましたが、怖くはないです。
Posted by : 亜都 | あ行 | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:12 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP