映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ベティ・ブルー インテグラル | main | ショーシャンクの空に >>
ジェヴォーダンの獣
評価:
ヴァンサン・カッセル,モニカ・ベルッチ,サミュエル・ル・ビアン,ギャスパー・ウリエル,クリストフ・ガンズ,エミリー・ドゥケンヌ,ジェレミー・レニエ
さすがは伝説
B級の楽しみ方
ヴァンサン・カッセルの白塗りが魅力的
18世紀、フランスはジェヴォーダン地方の人々を襲った恐怖。
標的は女子ども、その体を引き裂き、頭から食いちぎる野獣の存在。
百人以上の被害者、繰り返される惨事に、人々の恐怖は高まり、野獣の話は国中で噂となった。
やがて、噂はパリにいるルイ15世の宮廷にも届き、啓蒙家で優れた科学者でもあるフロンサックを調査に送る。

大学4年生、レディースDayの水曜日、バイト上がりの午後、
バイト仲間の明大の子と新宿へ観に行きました。

実話を元に味を加えた作品だが、興味をそそったのは豪華なキャスト、
フランスをはじめヨーロッパの若手実力派の呼び声高い俳優陣。
ホラーとかサスペンスというより、アクションがいい。
特に、『クロウ』シリーズに主演したマーク・ダカスコス(インディアン・モホーク族の出身の若者を演じている)がキラリ☆と光る感じ。
同時期公開作品の影響も伴って、当時は「また秘密結社なの?」なんて言われたけど、
正直ストーリーなんてどうでもいいと思ってしまったりした(笑)
Posted by : 亜都 | さ行 | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:00 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP