映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ナインスゲート | main | いまを生きる >>
17歳のカルテ
評価:
ウィノナ・ライダー,アンジェリーナ・ジョリー,ウーピー・ゴールドバーグ,ジェームズ・マンゴールド,スザンナ・ケイセン
鬱とか、気になってる人見てみればいいよ
痛いくらい気持ちがわかる
考えさせられる
原作者スザンナ・ケイセンが精神病院で過ごした体験を綴った『思春期病棟の少女たち』の映画化。
自らも神経症で入院したことがあるというウィノナ・ライダーは、
原作を読んで魅せられ、スザンナ・ケイセンを演じたいと思い立ったという。

わけのわからない不安感に襲われ、発作的に大量のアスピリンとウォッカを飲んだスザンナは、
両親によって精神病院に入れられ、そこで彼女は同年代の患者達と出会う。
思春期の少女達は大抵精神の均衡を危ういところで保っている。

通常と異常の境界線を少し超えてしまったばかりに…
と度々出てくるが、傍から見ればやっぱり異常なんですよね。
よく「境界性人格障害(ボーダーライン)」の女性は、その特性から非常に魅力的だといわれますよね。
当時29歳のウィノナ・ライダーが硝子のように繊細な魂を持つ17歳のヒロインを熱演。
共演のアンジェリーナ・ジョリーは今作で、オスカーを手にした。それは何となく納得。
Posted by : 亜都 | その他 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:30 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/77
TOP