映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 裸のマハ | main | 東京マリーゴールド >>
クルーエル・インテンションズ
評価:
ライアン・フィリップ,サラ・ミシェル・ゲラー,リース・ウィザースプーン,ロジャー・カンブル
なかなか・・・。
新鮮な演技力
豪華共演
危うい恋の駆け引きを描いた『危険な関係』の映画化。原作はコデルロス・ド・ラクロ。
知るだけで一体何本あるのか?

最初の『危険な関係』は1959年ジャンヌ・モローが出演、
その後、同名でグレン・クローズ主演の『危険な関係』、英コリン・ファースが出演した『恋の掟』、
今作『クルーエル・インテンションズ』(続々と作っちゃって2弾、3弾とあり)、
最近では、韓国映画でぺ・ヨンジュン出演の『スキャンダル』…というように、何度も映画化されている。
(観れないし興味はないですが、昼ドラもやってる?)
たぶんそれだけ、魅力的なストーリーなんだろう。

『ラストサマー』繋がりで、気になって観ました。
今作は『ラストサマー』のサラ・ミッシェルゲラーとライアン・フィリップに、
リース・ウイザースプーンを加え、ハイソな高校生のスキャンダルドラマに仕上げた。
…高校生にしては老けてるし、アリエナイなんて思っても、敢えて無視して観るんです。
全面的にエロいですけど、ねぇ…?
セルマ・ブレアとサラ・ミッシェルゲラーのキスシーン、
ライアン・フィリップとリース・ウィザースプーンの結婚と、話題性にも富んだ作品だった。

実は、コリン・ファースが出演した『恋の掟』は、未だ観てないんです。
観たいなー。
Posted by : 亜都 | か行 | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:24 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP