映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< オール・アバウト・マイ・マザー | main | カル >>
2046
評価:
トニー・レオン,木村拓哉,コン・リー,フェイ・ウォン,チャン・ツィイー,ウォン・カーウァイ
何はともあれ、彼はウォン・カーウァイ監督作品の住人になれた
「花様年華」の色気に勝てない
見応えある映画だった。
『花様年華』『ブエノスアイレス』のウォン・カーウァイ監督作品。
アジアのトップスターを集めた豪華な出演陣は、それだけで好奇心を刺激される。

1967年香港、小説家チャウは、何人もの女達と刹那的な情愛を繰り返していた。彼は、とあるホテルの2046号室に泊まることに。そこで、オーナーの娘ジンウェンが日本人青年との叶わぬ恋に苦しんでいると知り、『2046』という近未来小説を書き始める。
舞台は2046年、主人公はアンドロイドたちが客室乗務員を務める謎の列車に乗り、そこへ辿り着けば“失われた愛”を取り戻せるという<2046>へ向かった―。
いつしかチャウは主人公に、心の底から愛した女性と結ばれなかった過去が甦ってくる自分自身を投影していた…。

予習@『欲望の翼』と『花様年華 In the Mood For Love』を鑑賞。
『2046』は、『花様年華』の所謂続編なんですね。
だから、つかめないシーンがあったのか…納得。
更に『欲望の翼』を観ていれば、もっと深く観れたのに…って、風邪で休み明けの小学生の気分でした。

あまり飲み込みが良くない私、
ウォン・カーウァイ監督の作品は1度観たきりじゃ、イマイチわかりません。
しかし…チャイナ・ドレスって色っぽいですね
Posted by : 亜都 | その他 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:03 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/68
TOP