映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< アメリ | main | 死ぬまでにしたい10のこと >>
21グラム
評価:
ショーン・ペン,ナオミ・ワッツ,ベニチオ・デル・トロ,シャルロット・ゲンズブール,クレア・デュバル,メリッサ・レオ,アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ,ギジェルモ・アリアガ・ホルダン
21gの重さとは
人の魂には量的な重さがある
21gの重さ。
前科のあるジャックは、家族のために更生し、神を信じて真面目に働いていたのだが、ある日、気の緩みから交通事故を起こしてしまう。
その事故で、2人の娘達と夫を失ったクリスティーナ。
脳死状態となったクリスティーナの夫の心臓は、移植を待っていたポールの命を救う。
事故をキッカケに、交錯するジャックとクリスティーナ、ポール3人の運命を描く。

人間は死ぬと、21g軽くなるという。21g−すなわち、それは魂の重さ。

正直言って、期待して観た映画ではなかったが、意外に興味深かった。
愛情と行き場の無い気持ちが伝わってきて、何だかすごく切ない。
編集のせいで、じっくり観ないと解り難いけれど、3人それぞれの背景がしっかり描かれていて、共感的理解ができる。
テーマがテーマなので、気が重くなるのは否めないが、色々考えさせられる良い作品だと私は思った。
Posted by : 亜都 | その他 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 12:03 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/5
TOP