映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち | main | マシニスト >>
チャーリーとチョコレート工場
評価:
ジョニー・デップ,フレディー・ハイモア,デヴィッド・ケリー,ヘレナ・ボナム=カーター,クリストファー・リー,ティム・バートン,ロアルド・ダール,ダニー・エルフマン,ジョン・オーガスト
オズの魔法使いをブラックにした感じ
チョコレート だいすきな諸氏 必見の作品。
原作とは一味違う
貧しいが、両親と両祖父母と健気に暮らすチャーリー。
彼の楽しみは、年に一度誕生日にだけ買ってもらえる“ウォンカ”のチョコレート。世界中で爆発的な売り上げを記録しているウォンカのチョコレートだが、誰も工場に人が出入りしているところを見たことがない。
ある日、工場主の天才パテシィエ・ウォンカ氏は、工場に「5人の子供を招待する」と発表する…。

『シザー・ハンズ』『スリーピー・ホロウ』のティム・バートン×ジョニー・ディップのコンビで贈る。
原作はロアルド・ダール、1,300万部以上を売り上げる『チョコレート工場の秘密』。発表から40年経った今でも尚、世界の子達に愛されて止まない作品である。
ジョニー・ディップが再度の共演を熱望しチャーリー役に推したのは、『ネバー・ランド』で共演した12歳のフレディー・ハイモア。

何がツボって、ウンパ・ルンパです。こういう変なキャラ大好き
ディープ・ロイが1人20役(笑) 下手糞な踊り、濃い顔、たまらん。
思わず、スクリーンのウンパ・ルンパ数、数えちゃいましたよ。
胡桃割りリスを半年かけて調教、そしてあの…身体に悪そーな合成着色料たっぷりの奇抜な色のお菓子、バカみたいに大量なチョコレートの滝(76万リットルですってS)、そして顔が引き攣るブラック・ユーモア。
嗚呼…バカバカしい。
もう夢中で観てました、ディズニーランドに来てるような感覚に陥りました
面白かったです、好きです。
Posted by : 亜都 | た行 | 20:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:27 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP