映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< のだめカンタービレ 最終楽章 前編 | main |
サヨナライツカ
評価:
---
いまいちかな…
冷静と情熱のあいだが好きな人におすすめ
年代によって評価が分かれそう


主演:中山美穂、西島秀俊
監督:イ・ジェハン 


1975年、航空会社勤務の東垣内豊は、婚約者の光子を東京に残し、バンコク支社に赴任した。
有能で端正な容姿を持つ豊は、仕事も恋愛も順調だったが、ある日、謎めいた女性雨宮沓子と出会う。


ホテルのスイートルームに住み、金にも愛にも困らない奔放な沓子。
そんな彼女に豊は唐突に惹かれ、情事を重ねていった。
いつしか“遊びのつもり”が、そうではなかったことに気付くが、
光子との結婚式を目前に控え、二人は別れを決意する…



25年の時を経て、二人はバンコクで再会するが…




中山美穂は、12年振りの映画主演なんだそうです。
原作は、夫である辻仁成のベストセラー小説。
2002年に行定勲監督が中山美穂主演で映画化する予定でしたが、一旦は白紙となり、今回『私の頭の中の消しゴム』のイ・ジェハン監督で現実のものとなりました。



中山美穂は、相変わらず綺麗だったし、
彼女が演じる沓子の生き方もカッコ良かったけれど、感傷的なラブストーリー。
個人的には、『Love Letter』の印象が強い私には、
沓子の若かりし日々の官能的でゴージャスなイメージは、多少の違和感がありました。



死ぬ前に、「愛したこと」「愛されたこと」のどちらかを思い出すと思うかなんて、
考えた記憶がありませんが…
愛された思い出の多い方が幸せな人生かなと、思います。

Posted by : 亜都 | さ行 | 11:59 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:59 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/319
TOP