映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ある公爵夫人の生涯 | main | MW−ムウ− >>
幼獣マメシバ
評価:
---
タイトルで損をしてる
道行き一人と一匹(途中から2匹)
マメシバがかわいい

「イヌゴエ」「ネコナデ」に続く動物シリーズ第3弾。

二郎は35歳、無職で実家暮らし。
うまか棒があふれた部屋に一日中閉じ籠り、写真+実名入りのブログを更新し続ける日々。

ある日、父親が突然亡くなり、母親は家出をしてしまったことで途方に暮れていた。
そんなある日、二郎は買い物に出かけた道中でマメシバの子犬に出会う。
追い払っても付いてくるその子犬は、母親が自分を探させるために仕掛けた犬だった…。

主演:佐藤二朗、安達祐実、藤田弓子
監督:亀井亨


佐藤二朗のオタクな演技が可笑しかったです。
ボソボソ、難しい言葉、屁理屈…。
ホントにこんな人、いそうです。

マメシバの一郎は可愛かったです。
Posted by : 亜都 | や行 | 13:17 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 13:17 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/316
TOP