映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ハリー・ポッターと謎のプリンス | main | 幼獣マメシバ >>
ある公爵夫人の生涯
評価:
---
No Plot
華麗な衣装も見どころ。
贅沢三昧できても、とても不幸な女性に思えた。

 それは、誰もが羨むセレブ婚のはずだった…。

“18世紀のダイアナ妃”誰もが愛した公爵夫人、夫以外は…


主演:キーラ・ナイトレイ、レイフ・ファインズ
監督:ソウル・ディブ


18世紀後半イギリス。
社交界で、ファッションリーダーとして憧れの的となりながら、波瀾万丈の人生を送った公爵夫人がいた。
奇しくも故ダイアナ妃の直系の祖先で、その名はジョージアナ・スペンサー。
17歳でスーパーセレブのデヴォンシャー公爵と結婚。その美しさとバイタリティに国中が魅了されるが、いちばん愛してほしかった夫だけが彼女を愛さなかった。男子を産まない彼女を見下し、彼女の親友を愛人にして同じ館に住まわせた。
そして、後に英国首相となるチャールズ・グレイとの真実の愛…それは、人妻の彼女には許されないものだった。


政治活動に熱心で、美しくファッションセンスも抜群だった女性。
夫の愛人に長く悩まされ、実母も味方にはなってくれない。
跡継ぎとなる男子に中々恵まれず、辛い時を長く過ごし、時代ゆえに、真実の愛は許されなかった。

それでも、母親として、デヴォンシャー公爵夫人として、凛として人生を歩いていく。
彼女は48歳で亡くなるまで、夫と愛人と共に暮らし、彼女の遺言によって、夫は後に愛人と再婚する。
彼女の恋人@チャールズ・グレイは、大の紅茶好きで、その名は「アール・グレイ」の由縁となったそう。


現代に普通のパンピーとして生きて、良かった。
キーラ・ナイトレイって、こういう役柄が似合うよなぁ…と思う。
ミューズの彼女のヘアメイクは、やっぱりCHANELだそうな。

Posted by : 亜都 | あ行 | 00:19 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 00:19 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/315
TOP