映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< デトロイト・メタル・シティ | main | ある公爵夫人の生涯 >>
ハリー・ポッターと謎のプリンス
評価:
---
クライマックスへの静かな序章。が、いつの間にハリーはジニーと恋仲に?
シリーズ最終章の1作前らしく、謎やストーリーの核心に迫るドラマ

JUGEMテーマ:映画

監督:デイビッド・イェーツ
主演:ダニエル・ラドクリフ、ルパード・グリント、エマ・ワトソン


物語は前作『不死鳥の騎士団』より、続く。
ついに、闇の帝王@ヴォルデモートの脅威は人間界にまで広がり始めていた。

ヴォルデモートの復活を認めようとしない、魔法省から迫害を受けつつ、新学期がスタートする。
ダンブルドア校長は、かつてホグワーツで魔法薬学を教えていたホラス・スラグホーンを復職させる。「ホラスだけが知っているヴォルデモートの弱点を聞き出せ」とダンブルドアに命じられたハリーは、ホラスに気に入られようと計画的に彼に近づく。
一方、ホグワーツの校内では思春期ならではの恋わずらいが多発。
ハリー、ロン、ハーマイオニーらも恋の甘美さと苦しみを経験する。

監督は前作に引き続き、デイビッド・イェーツ。
今作でシリーズ第6弾。

ちなみに、幼少期のヴォルデモート=トム・リドルを演じるのは、
ヴォルデモート役のレイフ・ファインズの甥ヒーロー・ファインズ・ティフィン。

最終作は『ハリー・ポッターと死の秘宝』。
監督は次作もデイビット・イェーツで、映画は前(2010.11)後(2011.5)篇にて公開予定。


今作からは、原作を読まずしての鑑賞。
(本が高価なんだもの!)
今作は最終章へのプロローグ、ここまで来たら、最後まで観ないと気が済みません。
っていうか、もうファンタジックとか言ってられない!

すっごくシリアスなはずなのに、ぎっしり恋愛要素を盛り込むところがすごい。

Posted by : 亜都 | は行 | 23:47 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:47 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/313
TOP