映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< グラン・トリノ | main | パコと魔法の絵本 >>
天使と悪魔
評価:
---
お腹がいっぱい!
単純に、とても美しく面白い映画でした
謎解きの過程はあっけないが十分楽しめる作品



JUGEMテーマ:映画


ハーバード大学の宗教象徴学の権威であるロバート・ラングドン教授は、かつてカトリックと対立した伝説の秘密結社@イルミナティについて、長年研究していた。

ある日、欧州原子核研究機構の研究者レオナルド・ヴェトラが殺された。
彼は、最近、核エネルギーを凌駕する反物質の生成に成功していたが、それが持ち去られ、イルミナティの紋章が残されていた。
同時期、ヴァチカンでは、ローマ法王が崩御し、新しいローマ法王を選出するコンクラーベが行われようとしていた。
新教皇の4人の有力候補が誘拐された。イルミナティの名で届いた脅迫状には、候補者を一人ずつ殺害し、研究所から盗んだ“反物質”でヴァチカンを滅亡させると…。

彼らが最大の敵とみなすカトリック教会=ヴァチカンに致命的な脅威が迫っていることを知る。

ヴァチカン警察の協力要請を受けたラングドン教授は、ローマに飛び、400年の歴史を持つ古代のシンボル=暗号をたどりながらヴァチカンを救う唯一の手掛りを探っていく…。


主演:トム・ハンクス、アィエレット・ゾラー、ユアン・マクレガー
監督:ロン・ハワード

『ダ・ヴィンチ・コード』の続編。
物語の関連性は薄いので、前作を観ていなくても十分楽しめる。

原作は、ダン・ブラウンの推理小説。ラングドン・シリーズの構想は12作分あると言われている。
面白かったです。
私は『ダ・ヴィンチ・コード』より、こちらの方が好きだな。
Posted by : 亜都 | た行 | 19:04 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:04 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/310
TOP