映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< イエスマン “Yes”は人生のパスワード | main | 天使と悪魔 >>
グラン・トリノ
評価:
---
やさしい気持ちになれます。
またしても『ミリオンダラーベイビー』に続く…
静かなトーンのイーストウッド映画

JUGEMテーマ:映画

ウォルト・コワルスキーは古くて頑固な老人。
長年勤めたフォード社を退職してからは、妻と二人で暮らしてきたが、最近その妻が亡くなり、息子達は、一人暮らしになった彼に手を焼いていた。

朝鮮帰還兵で戦争で人を殺した忌まわしい過去を持つ彼に、亡くなった妻は愛情からウォルトに懺悔することを望んでいた。生前妻の願いを受けた、若い牧師は時々彼を訪ねていたが、なかなかうまくいかなかった。

そんな時、近所のアジア系移民のギャングがウォルトの隣に住む少年タオに、ウォルトの所有する1972年製グラン・トリノを盗ませようとする。
タオに銃を向けるウォルトだったが、この出会いがこの二人の人生を変えていく…。


主演:クリント・イーストウッド、ビー・バン
監督:クリント・イーストウッド


この間、アンジェリーナ・ジョリーの『チェンジリング』が公開されたばかりだったのに、早い!

除隊後にフォード社に組立工として長年勤務し、退職後に72年製のグラン・トリノを買った。それは彼の人生そのもの。
妻の葬式にへそ出しで現れた孫を嘆き、外車のセールスマンの長男を嘆き、
最近隣近所に越してきた中国系移民やアフリカ系アメリカンを差別する。

監督業だけをやっていこうと考えていた、クリント・イーストウッドがこの役にぐっと惹かれて出演したのだそう。


完璧だった、夢中になって観てしまった。
ヒューマンドラマは嘘くさいものもあって、チョイスが難しいから苦手だけど。
こんなにシワシワなのに、どうしてこんなにカッコいいんだ! アリエナイ!

Posted by : 亜都 | か行 | 11:01 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:01 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/309
TOP