映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ブーリン家の姉妹 | main | 少年メリケンサック >>
ベンジャミン・バトン
評価:
---
どんだけ数奇かと期待したら・・・
人生は人によって違うものなのだろう
たとえどんな人生でも、なかなかどうして悪いものではない・・・

JUGEMテーマ:映画

1920年代、F・スコット・フィッツジェラルドが執筆。

80代で生まれ、若返っていく一人の男の姿を描いた。
普通の人々と同じく彼にも時の流れを止めることはできない。

ニューオーリンズを舞台に、1918年の第一次世界大戦から21世紀に至るまでの、
主人公@ベンジャミンが触れ合う人々や場所、愛する人との出会いと別れ、人生の喜び、死の悲しみ、そして時を超えて続くもの描く。

主演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット
監督:デビッド・フィンチャー

監督とブラピのタッグは、『セブン』『ファイト・クラブ』でも観たっけな。
ケイト・ブランシェットとは『バベル』でも共演していた。

今作は公開前より、ずっと楽しみにしていたもの。
赤ん坊として生まれ、成人し、次第に老いて死んでいくという当たり前の人生が、最初から逆転している…他人とは違う時間を生きる定めを、受け入れ、その厳しい人生を全うする。

個人的に、とても好きな類の作品でした。
設定こそ奇抜ですが、比較的穏やかな作品。
上映時間は約2時間半という長丁場でしたが、意外や、退屈せずに観ることが出来ました。

ラストシーンは、ジーンとくるものがあります。

Posted by : 亜都 | は行 | 21:35 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:35 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/306
TOP