映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< かもめ食堂 | main | ベンジャミン・バトン >>
ブーリン家の姉妹

評価:
---
いわば「エリザベス0」の愛憎物語
JUGEMテーマ:映画


16世紀イングランド。
20年の結婚生活で世継ぎの男児に恵まれなかった国王ヘンリー8世は、男児を産むための愛人を探していた。
一族の富と権力を得るため、新興貴族のブーリン卿は、気が強く、賢い長女アンを差し出す。
しかし、王が見初めたのは、純粋で心優しい妹のメアリーだった。

最初に愛されたのは、妹メアリー。王妃になったのは、姉のアン。
愛は分けられない。

歴史を変えた、ある結婚…イングランド国王ヘンリー8世とアン・ブーリン。

そのスキャンダラスの影に隠れた秘話。
悲劇の王妃となったアンと、歴史の影に隠れた妹のメアリー、美しく哀しい恋の物語。

アン王妃をナタリー・ポートマン、妹のメアリーをスカーレット・ヨハンソンが演じた。
国王ヘンリーをエリック・バナ。

監督:ジャスティン・チャドウィック

原作は、フィリッパ・グレゴリーの同名小説、イギリスでロングセラーとなっている。


可愛くなーぃ!
アンの大胆な行動や策略が、そう思わせざるを得なかった。
周囲に翻弄され、「No!」と言うことが出来ない妹メアリー、
姉に王を奪われるカタチで捨てられようとも、姉を庇う健気な感じが切ない。

結局は王の愛を逃し、精神的に追い込まれた挙句、斬首台へ。
ストーリーはわかりやすく、感情移入もし易かった。

結局は6回も結婚した王、恋は出来ても、愛は無かったのか?

Posted by : 亜都 | は行 | 20:29 | - | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:29 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/305
トラックバック
スカーレット・ヨハンソン、 ドルチェ&ガッバーナの新作コスメのモデルにスカーレット・ヨハンソンが、ドルチェ&ガッバーナの新しいコスメのモデルを務めることになり、広告ではマリリン・モンローばりのセクシーな姿を披露している。広告の中でスカーレットは、カー
| あの人はこんな方 | 2009/01/21 1:46 PM |
TOP