映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< キンキーブーツ | main | 記憶の棘 >>
TANNKA 短歌
評価:
黒谷友香,黄川田将也,村上弘明,西郷輝彦,中山忍,高島礼子,井川比佐志,阿木燿子,岩下悠子
短歌は分かりやすい
黒谷さん…女優?
意図が見えた気がする
33歳のフリーライター薫里には、仕事を通じて知り合ったカメラマンのMと9年越しの恋人がいる。仕事も恋も充実した日々を送っており、Mとの関係が不倫であっても…。
そんな彼女に訪れた、新しい恋。相手は、行きつけのバーの知り合った、ヴァイオリニストの卵圭。
まだ若い圭と、薫里との間に生まれるギャップ。圭の気持ちが真剣であればあるほど、薫里は重たく感じるようになった。
心も身体も満ちたりた大人の愛で包み込んでくれる年上の“彼”と、本能のまま自分を求め、刺激を与えてくれる年下の“彼氏”。
2人の男性の間で揺れ、以前より明らかに落ち着きを失くしていく薫里にも、結論を出す日が近づいていく。

原作は、俵万智 『トリアングル』。読売新聞紙上でセンセーションを巻き起こした処女小説の映画化。

黒谷友香は綺麗でした。
映画全体に漂う雰囲気が古臭い。ファッションやメイクが一昔前な印象。
薫里の趣味にベリーダンスを持ってきたのは良かったんだけど、黒谷さんのダンスシーンは中途半端かも。
ラストのシーン、目の前で布1枚、裸で踊られたら、私だったらドン引くなS

ヌードシーンが話題になりましたが、「女性向け」な感じ。
年下の“彼氏”圭の気持ちや行動は理解できるけど、同性なのに薫里の心情はイマイチ不明なところがあった。

原作は読んだことなかったけど、ラストは何となく予想がついた。
唯川恵の『肩ごしの恋人』も似たような感じだったし…何か、この手のラストは飽きたよ。
Posted by : 亜都 | た行 | 21:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:59 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP