映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 最高の人生の見つけ方 | main | つぐない >>
容疑者Xの献身

評価:
---
原作の持ち味を上手く料理して秀逸
堤真一の圧倒的な存在感とトリックが巧みな反面、推理ものとしては勿体ない作品
JUGEMテーマ:映画

湯川学が唯一天才と認めた数学者@石神は、高校教師として不遇な日々を送っていた。
数学一筋で生きてきた石神だったが、娘と二人、アパートの隣の部屋に越してきた花岡靖子に秘かな想いを寄せている。
ある晩、彼女達が前夫を殺害してしまったことを知った石神は、二人を救うため完全犯罪を企てる。

昨年秋の『探偵ガリレオ』『予知夢』のドラマ化を経て、原作@東野圭吾の直木賞受賞作『容疑者Xの献身』の映画化。
連続ドラマ版のキャストに加え、映画版では堤真一、松雪泰子が出演。

主演:福山雅治、柴咲コウ
監督:西谷弘

映画では、人間臭い湯川センセイが観れます

公開間もないためか、映画館が、満員御礼状態+中学生男子大群が相当マナー違反で、あまり落ち着いて観れませんでした
おかげで、ゆっくり浸れなかったではないか…!
今度、キャスト目当てで映画館に行く時は、最終回を狙うことにします。

ストーリーは、原作とは設定上多少違ったところはありましたが、大幅な脚色は無く。
堤真一はキャスト的には意外だったんですが、観ているうちに、どんどんクタびれて、原作の石神っぽく観えてきました。
(でも、湯川センセイは福山さんっていうのも…最初はどうかとは思ったけど。)

最後、すすり泣きをしている人がいたのが、不思議でした
そこまで感動はしない気がする。

Posted by : 亜都 | や行 | 18:52 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:52 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/289
TOP