映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< マイ・ブルーベリー・ナイツ | main | ペネロピ >>
Sweet Rain 死神の精度
評価:
---
うまく言えないけど心温まる映画
愛すべきノスタルジック?
メジャー邦画界に「本物」の新鋭が出てきた。
“死神”が現れるのは、人が不慮の死を迎える7日前。
観察期間の後、「実行」か「見送り」かを判断するのが仕事だ。楽しみは、CDショップで、“ミュージック”を聴く事。

今回の「ターゲット」は、電機メーカーのOL、27歳の一恵。家族や恋人(愛する人々)に先立たれた薄幸な身の上だ。
しかも最近、苦情係の彼女は、彼女指名のクレーマーに悩まされている。
偶然を装い、彼女の前に現れた“死神”@千葉は、彼女にどちらの決断を下すのか。

原作は、伊坂幸太郎の『死神の精度』。映画は繋がり系の3編オムニバス形式。

主演:金城武、小西真奈美
監督:筧昌也

観たかったけど、観逃した作品(毎回じゃんw)
原作を脚色してますが、面白かったです。

死神の設定が面白いですよね。雨男で天然ボケ。
金城武、久し振りに見たけど、やっぱカッコいい!
Posted by : 亜都 | さ行 | 20:22 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:22 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/286
TOP