映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ダークナイト | main | マイ・ブルーベリー・ナイツ >>
ラスト、コーション
評価:
---
[last caution]と思い違っていたが、それはそれで・・・
アン・リー監督、才気爆発!
密かな愛
1942年、日本軍による占領下となっていた上海。
現代の中国が日本の傀儡政府と呼ぶ汪兆銘政権配下、抗日組織の弾圧を任務とする特務機関員易(イー)の暗殺計画をめぐって、暗殺を目論む女スパイ(工作員)と、暗殺対象となった男との間に芽生えた愛情のゆくえを描いた物語。

4年前、香港大学の女子学生だった王(ワン)は、抗日に燃える演劇仲間たちとイーの暗殺計画に加わっていた。ワンはイーの誘惑に成功したが、その時はイーが突然上海に帰ったことで計画は未遂に終わった。
数年後、上海に戻っていたワンは、当時の演劇部の仲間鄺(クァン)に誘われ、国民党の抗日組織に誘われ工作員となり、イーと再会する。

監督:アン・リー
主演:トニー・レオン、タン・ウェイ

原作は、張愛玲の小説『傾城の恋』収録の短編『色・戒』。
第64回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞受賞作。

激しい性描写のため、日本公開時はR-18指定。
アクロバティックなセックスシーンの連続は、色気を通り越して格闘しているようでした。
正式には『LUST, CAUTION 色|戒』。

結局、女は失うものがあまりにも大きく、男が失ったのは心だけ。
個人的には、クァンという奥手な男に多少イラツキを覚えた。
Posted by : 亜都 | ら行 | 09:47 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 09:47 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/284
TOP