映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 舞妓Haaaan!!! | main | ラスト、コーション >>
ダークナイト
評価:
---
この作品が象徴するもの。
コンキチ&ナターシャの絵本ナビ
ヒース・レジャー
『バットマン・ビギンズ』の続編。主演も引き続き、クリスチャン・ベール。

ゴッサム・シティーに現れた最悪の犯罪者@ジョーカーは、マフィアたちに成り代わってバットマンを追い込む“ゲーム”を始める。
それは「バットマンが正体を明かさなければ、毎日市民を殺す」という卑劣なルールで、戦いの中、ゴードン警部補も凶弾に倒れてしまう。
ブルースは遂にバットマンの正体を明かすことを決意するが、記者会見で新任検事の“光の騎士”と慕われるハービー・デントの意外な行動だった…。

主演:クリスチャン・ベール、ヒース・レジャー、アーロン・エッカート
監督:クリストファー・ノーラン

ジョーカーに立ち向かうバットマンや新人地方検事デントの姿を、シリアスかつ重厚に描く。
狂喜の犯罪者ジョーカーを演じたのは、本作が遺作となってしまったヒース・レジャー。
1989年に製作されたティム・バートン監督の『バッドマン』では、同役を名優ジャック・ニコルソンも演じた。
ブルース・ウェインの元恋人レイチェルを巡る恋敵でもある、デントことトゥーフェイスに、『ブラック・ダリア』のアーロン・エッカート。
監督も前作に引き続き、クリストファー・ノーラン。(違うのは、レイチェルを演じたマギー・ギレンホールのみらしい。)

私が好きで何度も観ていた、今までのバッドマン・シリーズとは全然違います。
暗くて、重ーくて、現実的。
登場人物の心情は、とても分かりやすい。
『バットマン・ビギンズ』よりかは、今作の方がずっと面白いと思った。


JUGEMテーマ:映画


Posted by : 亜都 | た行 | 19:58 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:58 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/283
TOP