映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ジョゼと虎と魚たち | main | 舞妓Haaaan!!! >>
陰日向に咲く
評価:
---
気持ちがいい。
若干期待裏切られた
号泣でした
パチンコ好きが高じて借金まみれのシンヤ。
借金返済のために「オレオレ詐欺」に手を出すが、それもうまくいかない。
浅草の寂れたホールで、若い頃、売れない漫才師だった母の相方を探す少女。
25歳崖っぷちのC級アイドルと、彼女の追っけのオタク青年。
モーゼと呼ばれる嘘吐きなホームレスと、彼に憧れながら、家族と世間を捨て切れない男。
夫と子供も亡くた一人ぼっちの老女…日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。

主演:岡田准一、宮崎あおい
監督:平川雄一朗

原作は、100万部突破の劇団ひとりの処女小説。
登場人物が少しずつ絡んでいる、オムニバス形式の作品。

東京に暮らす、どこか日の当たらない人達の触れ合いを描いている。

どこか、三浦友和のサエナイ親父も、宮崎あおい(二役)の漫才もどことなくギコチナイのが好かった。
でも、西田敏行のモーゼ…ピッタリS

私は原作を読んでいないのだけど、頑張ろうとしても、うまくいかない現実がよく描かれていたと思う。
岡田君は『東京タワー』の時ようなおキレイなイケてなさより、この役みたいなダメ〜なイケテナさの方が好きだな。
Posted by : 亜都 | か行 | 11:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 11:05 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/281
TOP