映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< イン・ザ・プール | main | ハンニバル・ライジング >>
DEATH NOTE デスノート
評価:
藤原竜也,松山ケンイチ,瀬戸朝香,戸田恵梨香,中村獅童,鹿賀丈史,金子修介,大場つぐみ,小畑健,大石哲也
映画だけでも十分楽しめる
夜神月はカレー味のうんちを食べるタイプ・・・?!(;'Д`)ハアハア
晴れ時々豚に出てくるノートの方が効果は高い!!
名門大学に通い、将来を嘱望される天才@夜神月。
彼は偶然手に入れた、「デスノート」@名前を書かれた人は死ぬ死神のノートを使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。
その目的は犯罪のない理想社会の実現。
一方、ICPO(インターポール)は、犯罪者の大量死を殺人事件と考え捜査を開始。世界中の迷宮入り事件を解決してきた謎の探偵L(龍崎)を捜査に送り込んできた。
そして、月とL、2人の天才による壮絶な戦いが始まった。

1,400万部↑を売り上げているモンスター・コミックの映画化。
月の恋人@詩織の存在etc. オリジナルな部分もあるが、基本的には原作を裏切らない。

魅力は天才2人の頭脳戦。
デスノートのルールを最大限に生かし、Lの正体へと迫る夜神月。徹底した論理分析で謎の殺人犯を追うL。

公開当時、急性胃腸炎にかかって予定をキャンセル。上映時は結局、見逃してしまいました。
『バトルロワイヤル』がそうでしたが、こういう非現実的なストーリーって、観ていて冷めてしまうんですよね。
今回は、複雑な展開で面白かったです。…でも、1回観れば十分かな。

松山ケンイチは、『NANA』のシン役で初めて観ましたが、あの時はどうもね…。
でも、今回の役は似合っていたかも。
Posted by : 亜都 | た行 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:31 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP