映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 魍魎の匣 | main | L change the WorLd >>
ナイト ミュージアム
評価:
---
とことん痛快だ!
この雰囲気で「悪人登場!」という展開は不自然ですよ。
「映画は楽しいもの」という事を思い出す作品
N.Y. に住むラリーは、現在失業中。離婚した元妻の元で暮らす、最愛の息子ニッキーは、彼女の再婚相手に懐いてしまっている。
仕事が続かず転職を繰り返し、アパートも追い出されそうなラリー。父子の絆を取り戻すため、まずは仕事を持とうと決心し、自然史博物館の夜警の仕事に就く。

しかし、勤務初日、見回りを始めたラリーは愕然。
ホール中央にあったティラノサウルスの骨格標本が、館内を動き回っている!?

主演:ベン・スティラー、ロビン・ウィリアムズ
監督:ショーン・レヴィ

自然史博物館のバラエティ豊かな収蔵物が夜になると、動き出すというのは面白い設定。
ティラノサウルス、猿、初代ローマ皇帝オクタヴィウス、フン族の王アッティラ etc.

ラリーは、歴史を勉強し、米国大統領セオドア・ルーズベルトの力を借り、その性格や“弱点”を把握、個性の強い彼らを次々と手なずけていく。
果たして、彼は息子との絆を取り戻すことが出来るのか。

最近は『奇跡のシンフォニー』等にも出演していましたが、久し振りに、ロビン・ウィリアムズを観た気がします。
Posted by : 亜都 | な行 | 20:00 | - | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:00 | - | - | - | - |
この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/271
TOP