映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< シルク | main | 魍魎の匣 >>
アイ・アム・レジェンド
評価:
---
残念。
いつの間にやら人類滅亡の危機
辛口でいかせてもらいます
主演:ウィル・スミス、アリシー・ブラガ
監督:フランシス・ローレンス

2012年、ウイルスに汚染され、人類のほとんどが死滅してしまったN.Y.
誰もいない街でたった1人、ウイルスの血清を研究している科学者のロバート・ネビル。彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともに生存者の存在を信じてラジオで交信を続けていた。
太陽の光が消え去ると、一斉にうごめき出す不気味な影“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。
果たして、彼は血清を発見し、残り少ない人類を救うことは出来るのか?

リチャード・マシスンのSF小説『地球最後の男』、3度目の映画化。
監督は『コンスタンティン』のフランシス・ローレンス。

映画化は3度目、何だかどこかで観たような気もしないでもない…。
予告編にはまったく出てきませんが、ゾンビ映画なんですね。

突然3年の月日が経ってしまったので、初めの頃はイマイチストーリーが掴めませんでしたが、主人公の孤独感は、とても丁寧に描かれていたので、よく理解できました。
英雄的なラストも申し分無かったし、悪い作品ではありません。
でも、うーん、新鮮味はあまりないかもです。
Posted by : 亜都 | あ行 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:42 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/269
TOP