映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< クワイエットルームにようこそ | main | アイ・アム・レジェンド >>
シルク
評価:
---
「人生という旅」の黄昏
一目惚れとした女性と妻への愛の葛藤を描く作品
良くも悪くもおフランス
19世紀フランス。
戦争から故郷に戻って来た青年エルヴェは、美しい女性エレーヌと出会い結婚した。
自ら営んだ製糸工場の経営も安定し、結婚生活は順風万帆であったが、アフリカの蚕が病気にやられ、新婚のエルヴェに蚕の買い付けの依頼が…。行く先は東洋の遥かに遠い国@日本だった。
危険を経て、訪れた日本で、エルヴェは美しい少女と出会う。

主演:マイケル・ピット、キーラ・ナイトレイ、役所広司、中谷美紀
監督:フランソワ・ジラール

『海の上のピアニスト』の原作者アレッサンドロ・バリッコの3作目『絹』の映画化。
蚕卵を求めて日本に渡ったフランス人青年エルヴェと日本に住む少女との秘められた純愛を描く。

シルクのような美しい肌をした少女(?)役に芦名星は抜擢されたのですが、
正直、彼女を美しく撮った映像が見当たらない。
少女というより、彼女の描き方は“女”です。
“色気”は感じるもので、他人がいくら言葉で表現しても白々しいだけ。
エルヴェは、3度日本へ旅に出るのだけど、その旅路の険しさにもあまり触れられず。
日本描写は、外人的で、やっぱりおかしいです。
映像はとても綺麗だったけど、盛り上がりに欠けて面白くなかった。
Posted by : 亜都 | さ行 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:06 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP