映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~ | main | クワイエットルームにようこそ >>
メゾン・ド・ヒミコ
評価:
オダギリジョー,柴咲コウ,田中泯,西島秀俊,犬童一心,渡辺あや
「おもしろうて、やがて悲しき・・」
性と生と死、そして愛
劇場で観たかった映画
亡き母の病気のために借金を抱え、昼は小さな塗装会社の事務員、夜はコンビニのバイトをして働く24歳の沙織。いっそ、風俗ででも働こうかと思い悩んでいると、ある雨の日、彼女の元に美しい男@春彦が訪ねてくる。
春彦は、沙織の父の恋人で癌で余命幾ばくもないことを告げ、父の住むゲイの老人ホームを手伝わないかと誘った。

沙織の父照雄は昔、沙織と母を捨てた。ゲイとしてバーを営み、卑弥呼として生きた。
父を憎んできた沙織だが、3万の日給と遺産をちらつかされ、老人ホームの手伝いに行くことを決意する。
「メゾン・ド・ヒミコ」には、個性的な住人ばかりが暮らしていた。

監督は『眉山−びざん−』『ジョゼと虎と魚たち』の犬童一心。
暗いんじゃないかと避けていたんですが、観てみたら、思いの外素敵な映画でした。
Posted by : 亜都 | ま行 | 16:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 16:00 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/264
TOP