映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< メゾン・ド・ヒミコ | main | シルク >>
クワイエットルームにようこそ
評価:
りょう,内田有紀,蒼井優,宮藤官九郎,大竹しのぶ,妻夫木聡,松尾スズキ
内田有紀ってこんなに綺麗だったっけ?日本版「17歳のカルテ」
期待通りの演技陣
一言では絶対に説明不可能な、松尾ワールド全開。
佐倉明日香は28歳のフリーライター。
ようやく手にした署名コラムの執筆は行き詰まり、同棲相手ともすれ違いが続く微妙な状態。
ある日、気がついたら、真っ白な部屋のベッドに拘束されていた。
やってきたナースに「アルコールと睡眠薬の過剰摂取により、丸2日間昏睡状態だった」と説明されても、記憶があちこち欠如した明日香は戸惑うばかり。
だが、非日常的な空間で見知らぬ人々と出会ううち、明日香の中で何かが変わり始める…。

松尾スズキ、『恋の門』に続く、待望の長編監督第2弾。芥川賞候補になった自作小説の映画化。
内田有紀の復帰作です。

クワイエットルームは、精神病棟の中の重症病室のこと。
絶望的な境遇なのに、何でこんなにおかしいのか…みーんな、キャラ濃いし。

面白かったです。松尾スズキ、好き好きラブラブ
Posted by : 亜都 | か行 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:41 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/263
TOP