映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ルイスと未来泥棒 | main | メゾン・ド・ヒミコ >>
未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~
評価:
松下奈緒,竹財輝之助,蝶野博
ん??
大学・新人時代の自分と重ね合わせてみる。
曲の再現と曲を入れるタイミングが間違っている
大学生のさやかは、学生映画の制作をキッカケに慶太と出会った。
建築家を目指して、迷いなく進む慶太にさやかは惹かれ、やがて2人は恋人同士になった。
卒業後、慶太は設計事務所に、さやかは印刷会社に勤め始めるが、編集者として出版社で働く夢を持っていたさやかは今の仕事に満足できない。一念発起し出版社へと転職し、自分の夢の第一歩を踏み出す。
そんな時、慶太に海外転勤の話が持ち上がり…。

DREAMS COME TRUEの名曲『未来予想図』『未来予想図供戞賃燭の人の胸に残るこの曲をモチーフに作られた作品。
メガホンを取るのは蝶野博、多くの作品に助監督として参加し、今作が劇場用初監督作となる。
脚本は小説家でエッセイストの狗飼恭子。

1997年の大学時代から、10年間を描く。
大学時代のキャンパス、昼休みの緑の芝生やレンガの壁。
大学進学のために上京したのは1998年だったので、ちょうど同時期。
ブレーキランプのサインに少し、憧れたりして。

ポケベルをPHSに持ち替えた春、PHSをケータイに替えた春、
スクーターがいつしか車に替わり、ジーンズがスーツに替わった春。
いつも一緒だった恋人や友人達と離れて、一人故郷に戻った春。

思い出して、懐かしくなりました。今度、母校に行ってみようかな。
Posted by : 亜都 | ま行 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 10:22 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/262
TOP