映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 記憶の棘 | main | 悪夢探偵 >>
007 カジノ・ロワイヤル
評価:
ダニエル・クレイグ; エヴァ・グリーン; マッツ・ミケルセン; カテリーナ・ムリーノ; ジュディ・デンチ; ジェフリー・ライト; ジャンカルロ・ジャンニーニ,マーティン・キャンベル
いい意味で裏切られた一作!
走る、走る、走る
ただもう、かっこいいの一言
暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは、“00(ダブルオー)”の地位に昇格、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている“死の商人”ル・シッフルの存在を突き止める。高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛金1,500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる。

新ジュームズ・ボンド@ダニエル・クレイグの第一作。
『トゥームレイダー』に出ていたそうですが、記憶になくて。
でも、こうしてバリバリに主役を演じて改めて観ると、ルックスも素敵です
新ボンド役抜擢については、かなり話題になったけど、「次回作で終わり?」というニュースも小耳に挟みました。
もう少し観たいので、真実なら残念だけど、次回作楽しみにしてます。

原作も、イアン・フレミングのボンド・シリーズ第一作。
故に、仕事にも恋にも、まだ未熟なボンドが描かれている。
ジェームズ・ボンドは完璧でなくてはならないはずですが、今回は不完全さが新鮮で、面白かったです。
次回作では、「誰も信じない」「後腐れない」「完璧」なボンドが観れるかな?

エヴァ・グリーンもキレイでしたが、カテリーナ・ムリーノもキレイでした。
Posted by : 亜都 | その他 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:22 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/26
TOP