映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 犬神家の一族 (2006年) | main | ルイスと未来泥棒 >>
下弦の月 〜ラスト・クォーター
評価:
栗山千明,成宮寛貴,黒川智花,落合扶樹,伊藤歩,HYDE,二階健,矢沢あい
前は面白かった
なんだかなあ・・・
Hydeの演技が…
TSUTAYAの旧作の棚で見逃していた作品を発見ぴかぴかぴかぴか
こういうのって、ちょっと嬉しいラブ

自分の19歳の誕生日パーティーの日、恋人知己と親友の浮気を知った美月。
父の再婚で家にも居場所のない彼女には、もう誰も頼れる人がいない。夜の街を一人歩いていると、子供の頃から自分だけが知っていたメロディーをふと耳にする。
その旋律に誘われて、古い洋館に入っていくと、“アダム”と名乗る男と出会う。
彼女はその洋館でアダムと過ごすが、下弦の月の輝く夜、アダムを追って交通事故に遭ってしまう。

原作は矢沢あいの同名コミックス。
アダムを演じたのは、L'Arc〜en〜CielのヴォーカリストHYDE。
HYDEの演技は、Gacktと出演した『MOON CHILD』も観ましたが、こちらの方がいくらかマシかも…。(ミュージシャンの役だし)
栗山千明もHYDEも美しいので、映像的には申し分なくキレイな作品です。
ストーリーはイマイチかも。『NANA』もそうですが、こうして端折って映画化してしまうと薄っぺらくて、原作のFan にはちょっと悲しい。物足りない気がしてしまいます。

成宮寛貴はこの作品が、映画初主演とは驚きでした。
もっと出てるイメージがあった。脇役が多かったんでしょうか??
Posted by : 亜都 | か行 | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:19 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/259
TOP