映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< クローズド・ノート | main | 犬神家の一族 (2006年) >>
憑神
評価:
妻夫木聡; 香川照之; 西田敏行; 赤井英和; 江口洋介; 佐藤隆太; 夏木マリ; 森迫永依,降旗康男
日本らしい話
コメディ的にはやや面白いが…
まあまあかな〜
ずっと観たかった作品をGet出来た、GW前半。
たまにはいいこともあるもんです

時は幕末、別所彦四郎は婿養子に行った先から離縁され、兄夫婦の家に居候という、肩身の狭い思いをしていた。
ある日、彦四郎は、二八蕎麦屋で旧友@榎本武揚と再会する。
蕎麦屋の親父が言うには、榎本の出世は、向島の「三囲り(みめぐり)稲荷」にお参りした御利益だという。
その帰り道、酔払った彦四郎は、「三巡り(みめぐり)稲荷」を発見!
ここぞとばかりに神頼みする彦四郎だったが、それは「みめぐり」違いで、災いを呼び寄せるお稲荷様だった…。

優しいだけが取得のサエナイ下級武士が、祈る相手を間違えて、貧乏神、疫病神、死神の三神に取り憑かれ、奮闘する物語。
原作は浅田次郎。
「福の神」にしか見えない、陽気な貧乏神に西田敏行。
逞しい疫病神に赤井英和、死神とは思えない可愛らしい死神に子役の森迫永依。
みんな外見と中身がバラバラなところがユニーク。

1200歳の死神を演じた森迫永依ちゃんは、名前を聞いただけではピンと来ないかもしれませんが、ちびまるこちゃん実写版の子なのですね!
貧乏神、疫病神、死神の最悪の三神に取り憑かれる不遇な主人公ですが、ストーリーはコミカルで、爽やかな作品でした。
妻夫木クンも観れたしね♪(結局、イケメンに弱いのです。)
Posted by : 亜都 | た行 | 18:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/255
TOP