映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた | main | 女帝[エンペラー] >>
パンズ・ラビリンス
評価:
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ,ギレルモ・デル・トロ
好みは分かれるでしょう
ファンタジーの基礎知識を要求される作品です
あまりにも切なく、美しい、素晴らしい作品・・。
1944年、内戦終決後のスペイン。
仕立て屋だった父を戦争で亡くした少女オフェリアは、身重の母と再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地へ向かっていた。
冷酷な義父に馴染めず、戸惑っていた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。
そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられる。

読書好きな少女は、生き延びるために迷宮(空想)の世界へ。
とても、現実の世界は残酷だから…。

義父のビダル大尉を演じたセルジ・ロペスの冷酷さも絶品。
本当に大人のファンタジー。子どもが観るには、残酷過ぎる内容です。
ラストシーンは、とても切ないです。
Posted by : 亜都 | は行 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 21:49 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP