映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 誰にでも秘密がある | main | スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 >>
MUSA -武士-
評価:
チャン・ツィイー,チョン・ウソン,チュ・ジンモ,アン・ソンギ,キム・ソンス
男くささと華と
結局何なのだろう
DC版の方がわかりやすかったです
1375年、朝鮮の高麗は明朝と友好関係を築くため、南京城へ使節団を遣わしたが、彼らはスパイ容疑をかけられ、広大な砂漠地帯へ流刑されてしまった。
一行はランブルファ将軍率いる元軍と遭遇、元軍に捕らわれていた明朝のブヨン姫を救い出す。しかし、追撃する元軍により圧倒的に不利な立場に置かれ、元軍から「姫を渡さなければ、皆殺しにする」と宣告されてしまう。

結構前の作品、衛星放送で掛かっていたので、鑑賞。
武士達の葛藤や戦闘がメインで描かれ、作品自体は悪くないのでしょうが、私はちょっと苦手を感じました。
まるで『300 <スリーハンドレッド> 』を観た時みたいな感じ。
チャン・ツィーの出演作は、どれもチャン・ツィーのためのPVみたく観えることが多いのですが、今作は全然そう観えませんでした。
それは、裏を返せば華やかさが丸っきりないんですが…たらーっでも、そんなところも新鮮でした。
Posted by : 亜都 | ま行 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:41 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/245
TOP