映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 | main | プレステージ >>
グリーン・デスティニー
評価:
チョウ・ユンファ,ミシェル・ヨー,チャン・ツィイー,チャン・チェン,アン・リー,ユエン・ウービン
信は真に通ずる
品の良いカンフー映画
チャン・ツィイーがかっこいい!
天下の名剣@グリーン・ディスティニーの使い手として名を轟かせるリー・ムーバイは、剣を置く決意をし、瞑想修行を途中で切り上げ女弟子ユー・シューリンの元へやってくる。二人は密かに惹かれ合っていたが、それは許されない愛だった。
ユーは貴族の娘イェンに出会う。
名家の娘でありながら、本当は剣士になりたかった。盗賊の青年ローと恋に落ちるが、結婚を控えていた彼女は彼に別れを告げた。
そんなある日、イェンに正しい剣の道を教えようとしていたリーが、長年の敵に毒針で殺されてしまう。死の直前で、初めて愛を告白をするリーとロー。
イェンはその姿に接し、家が決めた結婚を捨ててローとの愛を選ぶのだった。

アカデミー賞外国語映画賞受賞作。
先日TVで何度目かに観ましたが、2000年って結構前の作品なんですね。
監督は、『ブロークバック・マウンテン』『いつか晴れた日に』のアン・リー。
ワイヤー・アクションが当時話題になりました。

何度観ても、良さがわかりません。
ワイヤー・アクションはかなり嘘っぽい。
ラストシーンは意味不明だし、何を言いたいのかわからない。
でも、映像は綺麗です。
チャン・ツィイーが出演作は、『MUSA−武士−』とか『LOVERS』『HERO』…と、どこか似ていて、アッパラパーな私は、よく考えないと区別が付きません。
Posted by : 亜都 | か行 | 22:37 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/243
トラックバック
ブロークバック・マウンテン プロフィール検索 動画検索 画像検索
| いま話題のエンターテイメントとは? | 2008/02/10 7:08 PM |
TOP