映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< MUSA -武士- | main | グリーン・デスティニー >>
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
19世紀、ロンドン。
フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に横恋慕したターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。
15年後、妻と娘を奪われたバーカーはスウィーニー・トッドと名前を変え、フリート街に戻って来た。かつて妻子と共に住んでいた、ミートパイ店を営むラペット婦人の2階を借り、彼女の協力を得て、銀細工の美しい剃刀を手にターピン判事への復讐を始める。



ティム・バートン監督×ジョニー・ディップの新作。

ラペット婦人を演じたのは、プライヴェートでも監督のパートナーのヘレナ・ボナム=カーター。
このヘレナ・ボナム=カーターも最近よく観るかも。
たぶん最初に観たのは、『フランケンシュタイン』だったと思う。
最近は、ティム・バートンの作品以外でも、ハリポタ作品でベラトリックス・レストレンジ役で出演したりしてたよね。
…思い返せば、凄い役ばかりっすね…。

ターピン判事を演じたアラン・リックマンも、ハリポタシリーズのスネイプ先生でお馴染み。
いつか観た『パフューム ある人殺しの物語』にも主人公が恋焦がれる娘の父親@グラースの商人リシ役で出演してたっけ。
なんか、ハリポタシリーズに出てた俳優さんって、多いですよね。
ティモシー・スポールもそうだし。

私、『スウィーニー・トッド』って有名なのに、結末を知らなかったんですよ。
「期待して行ったのに、外した」とか、“ジョニー目当て”という前評判を聞いていたので、期待はあまりしていませんでした。
ミュージカル映画って、あまり好きじゃないですし。
ジョニーが演じていても殺人鬼の話なので、血みどろでグロいのは仕方ないし、
『スリーピー・ホロウ』の時だって暗かったし、
例えば、『ヴァン・ヘルシング』や『ドラキュラ』だって、大抵ホラーは灰色画面だし。
なーんだ、前評判より悪くは無いじゃないかと。

映画を観ながら、人肉パイのエピソードで、昔母から聞いた映画の話を思い出してました。
※『ソイレント・グリーン』(1973年米)という映画。





JUGEMテーマ:映画


評価:
ジョン・ローガン

Posted by : 亜都 | さ行 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:39 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/242
TOP