映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< オーシャンズ13 | main | 武士の一分 >>
パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド
評価:
ジョニー・デップ.オーランド・ブルーム.キーラ・ナイトレイ.ステラン・スカルスゲールド.ビル・ナイ,ゴア・ヴァービンスキー
何を伝えたいのか?
スターウォーズを意識的に下敷きにしてますね
1作目も2作目も観てますが・・・難しい映画です^^;
海賊の時代は、終わりを告げようとしている…。
世界制覇を目論む東インド貿易会社のベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、彼と最強のフライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と葬っていく。
今や、海賊達が生き残る道はただ一つ。
9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ一大決戦を挑むのみだった。だが、鍵を握る9人目の人物こそ、ジャック・スパロウだった…。

舞台はカリブ海からアジア、そして前人未到の“世界の果て(ワールド・エンド)”へ。

すみません、ONE-PIECEの実写版に見えてきた…。
途中で、意味がわからなくなりました。どうしよう完結編なのに、イマイチ…。

今月19日公開のジョニー・ディップ×ティム・バートンの新作『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』は超楽しみです♪
Posted by : 亜都 | は行 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:41 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP