映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ラブソングができるまで | main | スパイダーマン3 >>
300<スリーハンドレッド>
評価:
ジェラルド・バトラー.レナ・ヘディー .デイビッド・ウェナム.ドミニク・ウェスト.ビンセント・リーガン,ザック・スナイダー
登場人物に感情移入できない!
大迫力の肉弾戦
ツマラナイです。
紀元前480年。
スパルタ王レオニダスの元に、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国クセルクセス王の使者がやって来た。「土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼす」という。
しかし、レオニダスは使者を殺し、ペルシアと戦う道を選んだ。託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑む。
スパルタ軍は、たった300人。対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

ヘロドトスの「歴史」にも記されている伝説の戦いを描いたフランク・ミラーのグラフィック・ノベルを映画化。
主演のレオニダスを演じたのは、『オペラ座の怪人』『ドラキュリア』のジェラルド・バトラー。
監督は『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダー。

映画の8割方が、戦闘シーン。
灰色の画面に半裸のマッチョマン(『北斗の拳』みたい。)の映像の連続です。
戦闘シーンで出てくるペルシア軍の動物達も何だか、現実味が無い。
…面白くはなかったです。映像は面白いけど、私には退屈でした。
やっぱり…スパルタ思想には、共感出来ません。
Posted by : 亜都 | その他 | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:25 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/231
TOP