映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< デアデビル | main | ラブソングができるまで >>
アルゼンチンババア
評価:
役所広司; 堀北真希; 鈴木京香,長尾直樹,堀北真希,鈴木京香
観終わった後に「原作を読んでみたい」とは思わなかった
私には合わない映画だった
映像もストーリーも癒し系☆
母が死んだ。母を愛し、仕事一筋だった墓石彫りの父は、その日に限って病院に顔を出さず、突然姿を消した。
半年後、父は町外れの変わり者の女の人“アルゼンチンババア”の屋敷で発見される。彼女は、昔はタンゴやスペイン語を教えていたが、今は何もしていないらしい。頭がおかしい、と子供の頃からの噂だった。
母の供養もせず、どうして父はそんなところにいるのか。みつこは父親奪還のため、屋敷に向かうが…。

原作は吉本ばなな。
妻の死に向き合えず、娘を放ったらかしにするダメ親父役に役所広司。
父親に翻弄される一人娘に堀北真希。
そして、大きな愛で人々を包み込む不思議な“アルゼンチンババア”を鈴木京香が老けメイクで演じている。

「何で?何でそうなるのぉ?」という場面が多い映画だった。
この原作は読んだことがないのだが、吉本ばなならしいキャラクターだと思った。
話は唐突な展開だった。確かに癒し系ではあるかも…。
Posted by : 亜都 | あ行 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 09:05 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/228
TOP