映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< チアーズ! | main | アルゼンチンババア >>
デアデビル
評価:
ベン・アフレック,ジェニファー・ガーナー,マイケル・クラーク・ダンカン,コリン・ファレル,マーク・スティーヴン・ジョンソン,ゲイリー・フォスター
お粗末。
暗い〜
コウモリ。クモ。そして・・・・馬?
N.Y. に住むマット・マードックは、12歳の時視力を失うが、残りの感覚が超人的に鋭くなった。父親を殺された過去を持つ彼は、大人になると昼間は弁護士として働き、夜は司法の目をくぐり抜けた犯罪者に制裁を加える“デアデビル”となって、活動していた。
格闘技の達人の女性エレクトラと出会い、恋に落ちるが、自分が“デアデビル”であることは秘密だった。
そんなある日、海運王のエレクトラの父親が殺され、それをデアデビルに仕業と勘違いした彼女は、デアデビルに復讐を試みる。彼が、マットだとは知らずに…。

公開当初、友人と映画館に観に行ったのだけど…あせあせ
彼女は職場の同僚に「何、それ?」って言われたって言ってた。
…そんなに、アンポピュラー???
ジェニファー・ガーナー演じるヒロインのエレクトラがあまりにも、あっけなくて驚きました。(他にもそんな映画があったけど。)

『デアデビル』は、勿論アメコミの映画化。
感覚が優れていても、人間なので、他のヒーローのように変に不死身ではないから、文字通り傷だらけになっている。
ベン・アフレックの憧れのヒーローなんだそう。原作は面白いんだよね??
悪役をコリン・ファレルが演じて話題にもなったっけ。
どれも、コスチュームはイマイチ。
個人的には『スパイダーマン』の方が好きかも。
Posted by : 亜都 | た行 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 23:58 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/226
TOP