映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ホリデイ | main | パフューム >>
ゲド戦記
評価:
宮崎吾朗
しょぼいRPGをしている気分
やって来ました最低レベル!!!!!!!!!!!!
ぜひ原作を読んでみてください
龍が人間界に現れて共食いを始めるなど、異変が起こりはじめた多島海世界“アースシー”。異変の原因を探るべく、旅に出た大賢人ゲドことハイタカは、その途中で父王を刺して国を飛び出してきたエンラッドの王子@アレンと出会う。

今更、『ゲド戦記』を観ました。
私、アーシュラ・K・ル=グウィンの『ゲド戦記』を読んだことはないです。
理由は簡単、どうやら長い話なので、その気も起きないというもの。

龍が噛殺し合っている冒頭のシーンで、「ああ、また龍が…」とか、
魔女の館で本当の名前を訊かれるシーンで、「ああ、また本当の名前か…」とか、
魔女が溶ける度、「ああ、またドロドロか…」とか、ジブリ作品の前のライナップを思い出していました。

…というわけで、
何の先入観もなしに、この映画を観たのですが、説明無しでも解り難くは無かったです。
一作品としては別に悪くは無いのに、ジブリの期待感も伴って、他の作品に較べて物足りなさを感じました。

前作まではシリアスな中にも笑いがあったのに、この作品は精神面が主になっています。
例えば、好き嫌いで言えば、私は『火垂るの墓』が苦手です。
良い作品でも、暗いから苦手です。子供の頃、観るのが辛かった。
この作品は、それとどこか似ているところがある気がします。

唯一、村のオバさん2人組のシーンは可笑しいけど、笑えはしないし、ずいぶん真面目な作品で、子供と観ても楽しくないな…と思いました。
そう言えば、この作品のキャラクター商品って見たことなかったんですが、
ヌイグルミに出来そうなキャラクターが一つも出て来ない…残念だわ。
Posted by : 亜都 | か行 | 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 22:32 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP