映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 101 | main | いま、会いにゆきます >>
102
評価:
グレン・クローズ,ジェラール・ドパルデュー,イオン・グラファド,ケビン・リマ
天使のようなヨアン
101匹のダルメシアンと毛皮マニアの悪女クルエラとの壮絶な対決から3年。
窃盗罪で逮捕されたクルエラは、最新の精神療法のおかげですっかり愛犬家となり、仮釈放。捨て犬のための保護団体に多額の寄付をする等、一躍動物愛護の旗手のようにマスコミで取り上げられるが、不図したキッカケで邪悪な毛皮執着心を取り戻し、再びダルメシアンの子犬を誘拐する…。

前作でポンゴとパーディの間に生まれた子犬の中の1匹@ディップスティックの娘オッドちゃんは、ダルメシアンの特徴@ブチブチが1つもない。
それはそれで、可愛いんだけど…これを小さいながら気にしてるのが、また可愛い。
前作同様、たくさんのダルメシアンは圧巻。

グレン・クローズのクルエラ・デビルもすっかり板に付き…
これ以上やると、武田鉄矢が何をやっても金八先生に見えてしまうのと同じ領域に仲間入りしてしまいそう。
毛皮デザイナーのジャン=ピエール・ルペルを演じたジェラール・ドパルデューやアロンゾ役のキム・マキナニーのキャラも面白い。
Posted by : 亜都 | その他 | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:17 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
http://grapebird.jugem.jp/trackback/215
TOP