映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< クラッシュ | main | ことの終わり >>
メリーに首ったけ
評価:
キャメロン・ディアス,ベン・スティラー,マット・ディロン,ボビー・ファレリー,ピーター・ファレリー
Shocking in its time
きわどいけれど良い作品
☆★☆
出版社勤めのテッドは、高校時代の同窓生メリーが今でも忘れられない。知人の伝手を辿って、調査員を雇い、メリーの消息を調べてくれるよう依頼。
だが、この調査員はトンでもない食わせ者。探し当てたメリーに一目惚れし、彼女をクドき始める。

この作品のヒットを受けてか…『○○ーに首ったけ』ってタイトルは、レンタルビデオ店の棚にズラーッと並んでますよねS
原題は『THERE'S SOMETHING About MARY』。そして、この邦題こそ、NICE!

ご存知の通り、シモネタ満載のラブ・コメディ。
世間の禁句を惜しげもなく、ズカズカ並べたような作品だけど、この際ツマラナイ批判はせずに。
(「嫌なら観るな」という感じですよね。)
ホンマ下品で、なんてバカなんだろう。かなり邪険に扱われるギプス犬のエピソードもオカシイです。
『マスク』も『チャリエン』そうですが、コメディのキャメロンって、やっぱ好き

たまには大笑いして、頭も柔らかくすることも大事ですよねー。
Posted by : 亜都 | ま行 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 15:01 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP