映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 | main | ピストルオペラ >>
恋に落ちたシェイクスピア
評価:
グウィネス・パルトロウ,ジョセフ・ファインズ,ジェフリー・ラッシュ,コリン・ファース,ベン・アフレック,ジョン・マッデン
It's a mystery...
グウィネスの大ファンだったら買いでしょう。
超個人的な感想
ロンドンのローズ座では、人気作家ウィリアム・シェイクスピアのコメディが頼みの綱。
しかし、彼はスランプに陥っていた。
何とか書き出した新作コメディのオーディションにトマス・ケントと名乗る青年がやってくる。実はトマスが裕福な商人の娘ヴァイオラの男装。
ある日、商人の館にもぐり込んだシェイクスピアは、ヴァイオラと運命的な恋に落ちる。
その日から堰を切ったように劇作を書き始めたが、トマスから親が決めた結婚のためもう会えないというヴァイオラの別れの手紙を受け取り、納得出来ず、再び館へ赴くが、そこでトマスがヴァイオラの仮の姿だと知る。
心のままに結ばれた二人だったが、初演を控えた日、トマスが女性であることがバレ、劇場の閉鎖が言い渡される。女性が舞台に立つことが許されない時代だったのだ。

才能を開花させるには、スパイスが必要。
この映画で描かれる、シェイクスピアにとって、それは恋。
ベースは『ロミオとジュリエット』、失恋を糧に『十二夜』を書き始める。

運命と錯覚した、人生で2、3度擦れ違って通り過ぎていく実らなかった恋。
グウィネス・パルトロウが1番綺麗な頃の作品。
Posted by : 亜都 | か行 | 20:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 20:29 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP