映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< ナイン・ソウルズ | main | クロコダイルの涙 >>
青の炎
評価:
二宮和也,松浦亜弥,鈴木杏,山本寛斎,中村梅雀,秋吉久美子,蜷川幸雄,貴志祐介
二宮くんと松浦さんの凄さを実感した
ありがとう
切ない殺人犯。
17歳の高校生、秀一は母と妹の3人暮らし。
ある日、 10年前に母が再婚してすぐに別れた、義父曽根が家に転がり込み、 傍若無人に振る舞う。弁護士に相談したが、 法律では義父を追い出せないと知った秀一は、 インターネットで情報を収集し、 義父殺害計画を実行。完璧に思われた犯罪計画だったはずなのに、次第に崩壊していく…。

原作は、『黒い家』の貴志祐介。蜷川幸雄21年ぶりに映画作品。

個人的には、うーん、微妙。
雰囲気は良かったんだけど、入り込めない感じ。キレイ過ぎたからかな?
笑わない松浦亜弥は正直よくわからないけど、二宮和也は期待以上だった。
ヒロインでもおかしくない鈴木杏が、妹役っていうのはちょっと意外かも。
義父役が山本寛斎、全然気付きませんでした。
あまり興味が持てなかったってことか…。
Posted by : 亜都 | あ行 | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:36 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP