映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< デブラ・ウィンガーを探して | main | クリムゾン・リバー >>
猟人日記
評価:
ユアン・マクレガー,ティルダ・スウィントン,ピーター・ミュラン,デヴィッド・マッケンジー
画像も後味もブルーグレー
何度も見たい作品ではないです。
孤独な主人公
1950年代のグラスゴー。
運河の貨物船で働くジョーは、ある朝、川に浮かぶ女の死体を発見する。
その日を境にジョーは、船の持ち主であるレズリーの妻エラに対し、欲望を募らせていく。レズリーがパブへ出かけた隙に、2人は肉体関係を持つ。ジョーは、水死体があがる前夜、元恋人のキャシーと偶然再会していた。些細な言い争いから川へ落ちたキャシーは、沈んだきり浮かびあがってこなかった。やがて警察は、キャシーの愛人だった配管工を、殺人の容疑で逮捕する。

原作は、スコットランド出身の作家アレグザンダー・トロッキの『ヤング・アダム』。

ストーリーも全体の雰囲気も、暗いのは否めないですね。
ユアン・マクレガーって、『スター・ウォーズ』や『ムーラン・ルージュ』のイメージが強いので、
今回のような役どころは珍しいと思った。
彼に焦点を合わせて見れば、良かったかなって。色っぽかったし。

ストーリー的には、どうも…。
主人公は女にモテる。しかし、誰にも心を開かない。
元恋人と濃厚に屋外でした後に、妊娠を告白されても拒絶。
ショックを受けた恋人が海に落っこちてもどうこうするわけでもなく、無実の配管工が死刑になっても、積極的に真実を告白するわけでもない。
「罪悪感を抱えて、これから生きていきます」って…後味のよろしくない作品でした。
Posted by : 亜都 | ら行 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 19:23 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP