映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< バスケットボール・ダイアリーズ | main | ガープの世界 >>
フロム・ヘル
評価:
ジョニー・デップ,ヘザー・グラハム,イアン・ホルム,ロビー・コルトレーン,ジェイソン・フレミング,アレン・ヒューズ,アルバート・ヒューズ
ジョニーがかっこよすぎ!!
期待をせずに
1カットが命取り・・・。
1888年のビクトリア朝末期のロンドン、
ホワイトチャぺル通りで、喉を切り裂かれた無残な女性の遺体が発見された。
その夜から、娼婦が1人、また1人と、ナイフの餌食になっていく。
そんな事件を担当したのは、2年前に妻子を亡くし、アヘンでその苦しみから逃避しているアバーライン警部。
アバーライン警部は不思議な力に導かれるように捜査を開始するが、
事件がエスカレートするにつれて警視総監ら警察幹部は捜査を妨害しようとする。捜査の過程で出会った赤毛の娼婦メアリと王室の主治医でもあるウィリアム・ガル卿の協力で、やがて事件の背後に、王室をも巻き込んだ陰謀と謎の秘密結社の影が浮かび上がってくる…。

言わずと知れた、切り裂きジャックの映画化。
主演のジョニー・ディップは、自称切り裂きジャックおたくで、子どもの頃から事件に興味を持っていたと語る。
良かったですが、アバーラインのラストはどうも残念…。
Posted by : 亜都 | は行 | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:53 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP