映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< あなたのために | main | スワロウテイル >>
MOON CHILD
評価:
Gackt,HYDE,ワン・リーホン,ゼニー・クォック,山本太郎,豊川悦司,石橋凌,HYDE Gackt,瀬々敬久
・・・。
鈴木杏の笑顔で救われた!!!
歌だけで結構です・・・。
日本経済が崩壊し、多くの日本人が移民として海外へ流れていった近未来。アジアの小さな街マレッパ。
かつて、ヴァンパイアに血を吸われて永遠の命を得たケイは、弱っているところをショウという少年に助けられる。二人は次第に友情を育んでいくが、やがてショウ達孤児のグループと街を仕切る地元ヤクザたちとの抗争が始まる。
仲間のの死をキッカケに、ケイとショウ二人だけの秘密がグループ内に暴かれると、ケイは姿を消してしまうのだった。

珍しいのを観ました!
脚本もGacktが書いたのね。
ちょっと『インタビュー・ウィズ・バンパイア』と設定が似てるような気がしました。
(あっちは世界の大巨匠コッポラ。もちろん、較べようがないですが。)
加えて、こんなふうに現代的にドラキュラを扱った邦画って、あまりないですよね?
美貌の吸血鬼が似合う日本人もそうそういないしねぇ…。
緒方拳がやったの(『咬みつきたい!』だったかな??)を前に観たけど、あれとはちょっと違うし。

演技はさて置き…なんかダラダラ、纏まりがなかった気がする。
ドラキュラ映画大好きなので、つい手に取りましたが、これって観客限定する作品ですよね…。
内容はそんなに悪くはないのかなぁ。
私、あまりヴィジュアル系好きじゃないんですが、
二人も映像もキレーだし、Fanの人にはたまらないんでしょうね。
Posted by : 亜都 | ま行 | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:37 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP