映研主宰の先輩に言われた強烈な一言、「映画なんてみんな好きだから、趣味なんて言えないよ」。

ちょっと映画好きなアンチOL@亜都の映画鑑賞の記録。
是非、お勧め作品があったら気楽〜ぅに教えて下さい☆
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
<< 理想の女 | main | 愛しのローズマリー >>
イン・ハー・シューズ
評価:
キャメロン・ディアス,トニ・コレット,シャーリー・マクレーン,カーティス・ハンソン,ジェニファー・ウェイナー,スザンナ・グラント
これだけは。。。
女同士
寛容であることの大切さ。家族との和解と再生を描いた佳作。
弁護士だが、太っていることで自分に自信が持てない姉のローズ、一方、ルックスは良いが、学習機能障害で仕事が長続きしない妹のマギー。
ローズは家を追い出されたマギーを居候させるが、当のマギーは仕事もせずやりたい放題。挙げ句、ローズの恋人とベッドイン、怒った彼女は家を追い出す。
行き場を失ったマギーは、祖母エマを頼りにフロリダへ向かう。孫娘の突然の訪問に喜ぶのもつかの間、マギーの奔放さに辟易したエマは、彼女を老人たちの施設で働かせることに。そこでマギーは、新たな自分を発見していく。

原作は、ベストセラー作家ジェニファー・ウェイナー。
ローズを演じたトニ・コレットは、体重の増減にも果敢に挑み、輝くような変化を表現。
監督は、『L.A.コンフィデンシャル』『8Mile』のカーティス・ハンソン。

30歳を目前に、自分の履くべき靴が定まらないマギー。
体型に関係なく選べるから、高価なハイヒールをたくさんコレクションするローズ。
2人のそんなところが、自分と相通じるような気がしてしまう。私も30までには、自分に自信を持てるようになりたいわぁ。

ところで…今作は思いの外良かった。
映画を観て泣くのは珍しいのですが、教授が亡くなってしまったことをマギーが知るシーンでは、涙が止まらなくなって困りました。恥ずかしいから、映画館でなくて良かった。
人生経験が豊富って素晴らしいことですね。
普段の自分の浅はかさを省みつつ…
最近、私生活で答えが出ないことが多過ぎてセンチメンタルです。私もなかなか靴が選べない。私に似合う靴は何処??(せんちめんたるじゃーにー)
Posted by : 亜都 | あ行 | 17:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
Posted by : スポンサードリンク | - | 17:32 | - | - | - | - |
コメント









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
TOP